1. ホーム
  2. 薄毛・ハゲの情報
  3. ≫髪を太くする!正しい髪の毛の洗い方

髪を太くする!正しい髪の毛の洗い方

shampoo_01

髪の毛の正しい洗い方知っていますか?

ただなんとなく自己流で洗っていませんか?

髪の毛の洗い方って発毛・育毛に大きく影響します。薄毛や禿げの予防だけじゃなくて、薄毛や禿げを治して髪の毛を再び太くするためにも髪の毛の洗い方が重要です。

何も知らずに洗っているだけでは薄毛や禿げを進行させるだけです。

正しい洗い方をマスターして、洗髪から髪の毛ケアをしましょう。

育毛シャンプーで髪の毛を洗う

髪の毛の洗い方の前に重要なのがシャンプーの種類。

薄毛予防・禿げ予防のためには、ドラッグストアなどで売っている市販のシャンプーではダメです。

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎて、本来必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

頭皮には「適度な皮脂の量」が必要です。

皮脂は頭皮を外部の刺激や汚れから守ってくれるもので、皮脂を必要以上に落としてしまうと頭皮が外部の刺激でダメージを受けてしまい薄毛や禿げの原因となってしまいます。

頭皮に必要な適度な皮脂を残して、汚れだけを綺麗に洗い流してくれる育毛シャンプーを使用しましょう。

髪の毛を太くする正しい髪の毛の洗い方

髪の毛の洗い方の基本は、優しくマッサージするように洗うことです。爪を立ててゴシゴシ洗うと頭皮を傷つけてしまいます。

1回目のシャンプーは髪の毛の汚れを落とす

シャンプーの基本は2度洗いです。

1回目のシャンプーは、髪の毛についた塵やホコリを洗い流します。

1日過ごすと髪の毛には塵やホコリがつきます。特にムースやワックスなど整髪料をつけたときは汚れが結構つくので、まずは髪の毛自体の汚れを洗い流します。

1回目のシャンプーはそれほど泡立てなくても構いません。塵やホコリがついている状態なのでそれほど泡立ちません。泡立たないからといってシャンプーを必要以上に使い過ぎないようにしましょう。

1回目のシャンプーはさっと洗う程度で流します。シャワーで流す時はそれほど念入りに流さなくてもOKです。

2回目のシャンプーは頭皮の皮脂や汚れを落とす

2回目のシャンプーはしっかりと泡立てて頭皮をマッサージするように洗います。

爪を立てるのではなく、指先の腹を使って頭皮をつかむようにマッサージ洗いをします。これによって頭皮の皮脂や汚れだけではなく、毛穴に詰まっている皮脂や汚れも洗い流すことができます。

2回めのシャンプーで優しくマッサージしながら洗ったら、今度はしっかりシャンプーが落ちきるまでシャワーで洗い流します。

髪の毛を洗った後は7,8割程度乾かす

araikata_01

髪の毛を洗った後は、ドライヤーで7,8割程度乾かしてください。

よく「ドライヤーは髪の毛に悪い」「ドライヤーは薄毛や禿げの原因になる」ということを聞きますが、そんなことはありません。それは完全に乾かし過ぎてしまって、髪の毛にダメージを与えてしまうからです。

濡れた髪の毛はかなり無防備な状態です。

濡れた髪の毛のままで寝たりすると、枕と擦れてそれこそかなり髪の毛にダメージを与えてしまいます。

髪の毛を洗った後は7,8割程度ドライヤーで乾かしましょう。お風呂上がりは、髪の毛に適度な湿度を保つ状態にすることが重要です。

育毛シャンプーはノンリシコン系のシャンプー

市販のシャンプーは泡立ちを良くしたり、洗いあがりの髪の毛をサラサラにするためシリコン系の成分が使用されています。

シリコン系の成分は、安価で髪の毛の指通りを良くするので沢山のシャンプーで使われているのですが、シリコン系の成分が薄毛や禿げの原因となってしまいます。

シリコン成分は水で落ちにくい性質があります。

シャワーでしっかり流したつもりでも、徐々に髪の毛や毛穴に蓄積していって、毛穴を詰まらせる原因となってしまいます。

毛穴が詰まると当然のことながら髪の毛の成長にはよくありません。発毛を抑止して髪の毛に成長を阻害してしまいます。

育毛シャンプーはノンシリコン系の成分が使用されている製品がほとんどです。髪の毛や毛穴を詰まらせることもありません。

ノンシリコンとはいっても、泡立ちもいいし、洗いあがりの髪の毛の状態も指通りが滑らかな髪の毛の状態を維持してくれるので、安心・安全に使うことができます。

薄毛や禿げを改善して、太くてハリのある髪の毛に戻すには、シャンプーと髪の毛の洗い方から改善することが不可欠です。

どんなに効果のある育毛剤を使っても、シャンプーが正しくないと効果が発揮されません。

正しい髪の毛の洗い方を身につけて、太い髪の毛を取り戻しましょう!

よろしければシェアをお願いします。