1. ホーム
  2. 薄毛・ハゲの情報
  3. ≫薄毛になったらパーマや縮毛矯正はダメなの?

薄毛になったらパーマや縮毛矯正はダメなの?

perm_01

薄毛になったときに髪の毛にどれがいいのか、どれが悪いのかって気になりますよね?

シャンプーの方法はどうしたらいいのか?整髪料は使ってもいいのか?髪の毛を染めてもいいのか?パーマや縮毛矯正をしてもいいのか?

どれも髪の毛を直接いじることだから気になります。

その中でも意外と情報が少ないのがパーマとか縮毛矯正。

パーマも縮毛矯正も薄毛の人はやってはいけない、といった暗黙の了解みないのがありますが、薄毛の男性にとってパーマは切実な問題です。

髪の毛のボリュームを出すためにパーマをあてる

薄毛になったり、髪の毛が細くなってボリュームがなくなってきた男性がまずやるのがパーマです。

パーマをあてると、髪の毛にボリュームがでて髪の毛が増えたような見た目になるので、薄毛や髪の毛の細さをごまかすことができます。

そのままだと薄毛が目立ってしまうけど、パーマをあてると目立たなくなるから、薄毛になってから初めてパーマをあてる男性は多いです。

でも、薄毛になった髪の毛に対してパーマをあてることは大丈夫なのか?

パーマや縮毛矯正自体は大丈夫です

パーマや縮毛矯正自体は問題ありません。

薄毛やハゲは頭皮や毛穴の問題なので、髪の毛が一時的にダメージを受けてもそれが薄毛やハゲを進行させることはありません。

問題はパーマや縮毛矯正に使う薬品です。

パーマや縮毛矯正では、一度髪の毛の組織を壊して形を作って組織を固めます。

この「組織を壊す」ときに使う薬品が頭皮や毛穴によくありません。

髪の毛の組織を壊すくらいだから、当然のことながら強い薬品になります。頭皮に与えるダメージも相当なものです。

もちろん1回くらいなら問題ありませんが、薄毛を隠すためには常にパーマを当て続けなければなりません。定期的にパーマをして薬品を使うことで、頭皮や毛穴に着実にダメージは蓄積していきます。

そのため、パーマや縮毛矯正を続けるなら頭皮ケアが欠かせません。

頭皮ケアには育毛シャンプーや育毛剤

頭皮ケアをするために育毛剤や育毛シャンプーが効果的というのは、当サイトでも説明しているとおりです。

特に荒れた頭皮をケアするために育毛剤は欠かせません。

しかしながら、頭皮にダメージを与えるパーマを続けながら、育毛剤を使うというのは本末転倒ではないかということも気になりせんか?

確かに、パーマも縮毛矯正もしないで育毛シャンプーや育毛剤を使うのが、髪の毛には一番いいことです。

ですが、髪の毛のことを考えすぎて、薄毛が目立ってしまったりみすぼらしくなってしまう方が本末転倒のような気がします。

薄毛やハゲを治したいのは見た目が気になるからですよね?

当然、薄毛の最中でも薄毛が目立つのは嫌だし、薄毛がパーマでごまかせるうちに薄毛を治したほうがいいのが一番です。

そのためには育毛シャンプーや育毛剤で頭皮をケアしながら、パーマや縮毛矯正でオシャレにするのが一番良い方法だと思います。

薄毛やハゲを気にしすぎて、普段の生活や格好まで諦めてしまうのは早いです。

薄毛やハゲもしっかりケアすれば治すことはできます。

パーマをあてたり髪の毛を染めても薄毛やハゲは治ります。

よろしければシェアをお願いします。