1. ホーム
  2. 育毛剤の基礎知識
  3. ≫育毛剤の副作用|体毛が濃くなるのは本当か?

育毛剤の副作用|体毛が濃くなるのは本当か?

nayamu_man

育毛剤は髪の毛を増やすためのものです。

ざっくり言うと上記の表現になってしまいますが、頭皮をケアして髪の毛が成長しやすい環境を作ったり、毛乳頭や毛母細胞を直接刺激して発毛を促すことで、太くてハリのある髪の毛が生えるようになります。

でも、ちょっと考えるとおかしいですよね。

何で髪の毛だけ生えるようになるのでしょうか?

腕毛は?胸毛は?すね毛は?髭は?

育毛剤を使うことで、体の他の部分のムダ毛「体毛」は濃くならないのでしょうか?

そもそも育毛剤の副作用って何でしょうか?

昔の育毛剤は頭皮をケアするだけのものだった

ひと昔前の育毛剤は、頭皮をケアして髪の毛の成長を促す効果しかありませんでした。

今のように、頭皮の血行を改善して髪の毛に栄養が行き届きやすいようにしたり、毛穴の奥の毛乳頭を刺激するような効果はなかったので、育毛の効果も限定的でした。

そのため「育毛剤を塗っても効果がない」という評判が多く、一度薄毛やハゲになったら絶対に治らないというネガティブなイメージがついてしまいました。

多毛症を利用したミノキシジルの発毛効果

「育毛剤は効かない」というのが薄毛やハゲの定説だった頃に、革命的な育毛成分が開発されます。

それがミノキシジルです。

minoxdil

育毛剤や育毛タブレットについて調べていれば一度は聞いたことがある名称だと思いますが、ミノキシジルはもともとは、高血圧患者のための血圧降下薬として開発された成分です。

血管を拡張して血圧を下げる薬として処方されていましたが、同時に髪の毛や体の毛が濃くなる「多毛症」の症状が見られることが発見されて、ハゲ対策の薬として販売されたのが始まりです。

血圧降下薬として使用されていた時は、内服薬だったため多毛症の副作用が見られましたが、ハゲ対策用の外用薬として開発されてからは、体毛が濃くなる副作用は報告されていません。

つまり、育毛剤の副作用として体毛が濃くなることはありません。

しかしながらミノキシジルは、他の副作用が多いことでも有名でした。

確かに発毛効果はあるのですが、頭皮の荒れ・かぶれ・痛みなどの副作用が多く、ひどい場合には髪の毛がどんどん抜けてしまい、逆に薄毛やハゲが進行してしまうケースが多く報告されています。

発毛効果はあるけど個人差が大きい。

それがミノキシジルを主成分としている育毛剤の特徴です。

副作用のない最新の育毛成分「M-034」

どんなに発毛効果があっても、副作用で髪の毛が抜けてしまう可能性があると元も子もないし、安心して使えませんよね?

そこで開発されたのが、最新の育毛成分「M-034」です。

M-034は、ミノキシジルのような発毛効果があり副作用のないのが特徴です。

もちろん個人的に合う、合わないはありますが、ミノキシジル配合の育毛剤のように、薄毛やハゲが進行することはありません。安全・安心に使うことができます。

M-034が主成分の育毛剤は、日本で販売されている商品としては「BUBKA(ブブカ)」や「IQOS(イクオス)」などが代表的なM-034配合の育毛剤です。

bubka_mini

iqos_mini_01

容量と用法を守って正しく使えば、副作用はありません。

安心して気軽に使えるから、育毛剤が身近なものになったし、薄毛やハゲの早期に使う人が多くなって薄毛やハゲの回復率も昔と比べると格段に上がっています。

薄毛やハゲは現在では治る症状です。

正しく育毛剤を使えば、薄毛やハゲは止まります。再び太くてハリのある髪の毛が生えてくるようになります。

最新の育毛成分「M-034」の効果を試してみてください。

自分の望む発毛効果が期待できますよ!

最新育毛成分M-034の発毛効果!IQOS(イクオス)のご紹介はコチラから

よろしければシェアをお願いします。